牧のうどん 空港店
P_20191005_150059
牧のうどん空港店は県道45号線沿いにあり福岡空港が目の前に広がっています。すぐ隣には天ぷらひらおがあります。最近は福岡うどんの特集番組がよくあり、福岡3大うどん店として牧のうどん、資さんうどんウエストが取り上げられています。福岡うどんは柔めんなのにおいしいと言われますが、牧のうどんでは麺の硬さを選ぶことができます。
P_20191005_150031
お店に入ると右手にメニュー写真が飾ってありました。素うどん・そば330円からスペシャルうどん・そば990円まで様々あります。右上にはうどん・そばの大盛り、替玉できますと書かれています。博多ラーメンそのまんまですね。
P_20191005_150038
直接関係はないのですが、その横には麻倉ももさんの色紙が飾ってありました。アイドルかな?って思ったのですが、よく見てみると福岡県出身の声優さんでした。飲食店に飾ってある色紙って、例えばタレントさんだったりスポーツ選手だったり、KBCのドォーモやFBSのめんたいワイドなんかはよく見かけます。でも牧のうどんにはそんな色紙が一切なく、なぜか声優の色紙・・・です。
P_20191005_144257
こちらは注文票です。縦長の紙にはメニューがすべて載っています。左がメニューで真ん中が値段、そしてその隣がうどんの硬さです。牧のうどんの特徴その1めんの硬さが軟めん、中めん、硬めんの3つから選ぶことができます。初めての人は中めんか軟めんが福岡うどんのイメージ通りで無難です。硬めんは本当に硬いです。決してコシもありません。でも病み付きになるので私は毎回硬めんを頼んでいます。しかも大盛りです。
P_20191005_144240
テーブルには一味とネギが備え付けられています。牧のうどんの特徴その2このネギです。入れ放題なので私はネギうどん!?と思うぐらい山盛り入れています。
P_20191005_144422
注文したうどんが来ました。今日はキムチうどんの大盛りです。大盛りは器が通常よりも大きく、めんの量は半端ないです。子供や女性では完食が困難かと思います。昆布だしのつゆは食べている間にキムチの酸味と混ざって絶妙な味になります。キムチうどんには必ずごぼう天が3個トッピングされています。この後に大量のネギを入れて食べました。
お盆の上に一緒にやかんがのっていますが、これが牧のうどんの特徴その3です。これにはうどんスープが入っています。牧のうどんは食べているうちにめんがスープを吸ってしまい、いくら食べてもめんが減らないという笑い話があります。そのためスープが減ってきたらこのやかんのスープを入れてあげます。軟めんや中めんでその減少が出やすいので、体験したい方は是非どうぞ。
今日のお支払いですが、キムチうどんが550円、大盛り代金が70円、合計は620円でした。14時頃に食べたのですが、このブログを作成している22時の今でもお腹いっぱいの状態です。


牧のうどん 空港店
福岡市博多区東平尾2-4-30
092-621-0071